【Official PROFILE】

イベント等に必要な場合、下記プロフィールをコピーの上、ご使用くださいますようお願い申し上げます。

金谷こうすけ(かなたにこうすけ)Kousuke Kanatani 

1958年9月西宮生まれ(乙女座/B型/170cm/65Kg)

立命館大学卒業、西宮市在住

JazzPianist、Composer

公益財団法人西宮市文化振興財団理事、西宮音楽街道代表、日本音楽表現学会会員

 

荒崎英一郎氏に師事、深町純氏に薫陶を受ける。大学在学時よりプロ活動開始する。

 新ジャンルの音楽創造に意欲的であり、主に、ジャズとクラシックを融合させた壮大なオリジナル曲を中心とするコンサートを行っている。


代表的なものには、サンケイホールブリーゼや西宮アミティホール、ビルボードライブ大阪、西宮市フレンテホールなどで継続して開催している「NOTES OF LIFE(人生ノヲト)コンサート」があり、このシリーズだけで9回を数える。
ドイツ・オーストリアへの留学後、2000年に、阪神淡路大震災の被災経験から、全四楽章からなるシンフォニー「震災組曲~フェニックス~」を上梓。

2015年1月17日に震災組曲が収録されたアルバム「Phoenix」をリリース。

 

2015年から「ソロ」シリーズに本腰を入れ、その第一弾コンサート「ベーゼンドルファーとの

再会」にて、ベーゼンドルファー225、第二弾はヤマハC7、第三弾は山村サロンでハンブルクスタインウエイを使用し、ジャズスタンダードアレンジ、オリジナル曲、そしてその演奏に高い評価を得る。

2016年4月21日に初のソロアルバム「Lyricism」をリリース。

 

和楽器や邦楽とのコラボレーションにも取り組んでおり、和太鼓松村組、二代目高橋竹山とのコラボレーションは大きな話題となった。

 作曲家としては、JAZZ・J-POPから演歌まで幅広く制作している。

とりわけ、『勇気をだして』(ダイナマイトしゃかりきサーカス)、さくらFM開局15周年記念ソング『銀色の波』(DiceK)、メジャーグループ『NADA』への『ギフト』は、たいへん好評である。

震災支援の活動も精力的で、定禅寺ストリートジャズフェスティバル『震災復興支援ステージ』(仙台)、「東北・阪神『虹と絆』コンサート」(仙台・南三陸)などに出演。東北のアーティストとの交流も盛んである。

 

2015年3月11日に応援ソング「勇気をだして」(シングル)をリリース。

唄はダイナマイトしゃかりきサーカス。

また、さくらFM(78,7MHz/毎月第2水曜日20時~21時)の番組『金谷こうすけのJazzySquare』のDJを14年間務めている。

プロデューサーとしては、大阪万博公園での「エキスポジャズフェスティバル」、「西宮音楽街道」をはじめ、HOTEL LA SUITE KOBEのジャズイベントなど、数々の音楽イベントを手がけ、成功に導く。特に代表を務める「西宮音楽街道」では地域の音楽振興に力を注いでいる。

音楽教育の分野では、ピアニストとシンガーの育成に心血を注いでいて、プロへ多くのミュージシャンを輩出している。

 

現在活動しているバンドは、

☆「The Nature」

(レギュラーメンバー)Bs/中嶋明彦、Vn/YU-MA、Gt/川瀬眞司、Per/池田安友子

(ツアーメンバー)Vn/高橋誠

(スペシャルメンバー)Ts/荒崎英一郎、Ds/岡野正典

2012年にライブ録音版CD「あるがままに」リリース。

 

☆『Ahead Q』(Ts/稲屋浩、Gt/井野アキヲ、Bs/石井孝宏、Ds/村上友)

2017年6月28日『Mutaton』リリース予定。

 

☆『Another☆Sky』(Vo/うえかわひろみ)

2016年6月に「もうひとつの空」リリース。

2017年5月31日現在